新着情報

週刊商品データ  2006/6/26号 (1342号)
特集
《トウモロコシ》
7月に需給の骨格見えてくる
今年は夏安・秋高相場!!
エタノール需要急増で流れに変化
為替 PBA証券顧問 石川雅弘氏
景気のサイクルを考える
底入れ完了との判断にリスクあり まだ下値不安は解消されていない
海外貴金属 強弱材料の作用が複雑に… 再び資金流入し上昇基調へ
白系金属 東京白金期先は底を打ったか? NY市場もファンドの巻き返しで陽転
ゴム 産地から荷呼べずに再び上昇態勢 先限の280円40銭は強力な支持線
石油 NY原油は史上最高値挑戦か 灯油がWボトムで下値不安解消する
コーヒー 材料難で戻りは限定される!? 出来高低迷も止むを得ない環境
小豆 作付の減少と作柄低下が支援 “担い手新法”で供給に変化
アルミ
日柄かけて調整が必要 銅や亜鉛以上のダメージ
粗糖 NY基調転換の可能性!! 豪州で黒穂病が発見された
畜産 鶏肉1月限の値位置は? 鶏卵期先が200円台乗せ
生糸 中国の春繭生産動向に注目 当面は小幅揉合が続く
商品ミニ情報 小豆は北海道の天候不順で上昇
株作戦 豪雨は峠を越えたものの…

週刊商品データ  2006/6/19号 (1341号)
特集
<投資>経済評論家・三原淳雄氏に聞く
長期投資のスタンスを インフレ時代を迎えた世界市場
変化を深読み 株価崩落で商品市況が大きく動揺. ゴムは上下波乱を継続する公算
インフレ懸念が弱材料に 調整安の域を超えて下値模索へ
白系金属 修正安一巡後に底を固めて反発へ 下げ過ぎで下値警戒感が台頭する
ゴム しばらく不安定な動き 単なる修正安か天井打ったか
石油 NY原油は短期的な揉合の継続 ガソリン底固く反発の時期を待つ
コーヒー 株安と国際商品全面安で痛手被る 取組減で立ち直りに時間必要
穀物 今後の天候次第で反騰チャンス シカゴは高値から下げて弱材料消化
小豆 新穀リード型の展開も 日照不足と低温が心配
海外砂糖
ブラジル生産者の対応がポイント インドは今や白糖の主要輸出国
粗糖 NY14セント台に転落 30日の納会まで弱含みか
生糸 インドが生糸を増産 中国は輸出価格引き下げか
野菜 梅雨入り日照不足でも楽観ムード  産地偏在し天候次第で波乱
商品ミニ情報 今夏の商品市況は…/鶏卵期先は需要期限月/アルミ相場の長期見通し
四季 禅問答の『日日是好日』を分析
理性や常識がない現在の相場 夏高へ向けて足場を固める段階
株作戦 “湿舌豪雨”は梅雨の終わりに

週刊商品データ  2006/6/12号 (1340号)
特集
《トウモロコシ》
7月後半に最大のヤマ場迎える
米国が豊作でも供給不足 エタノール需要の増大が原因
株式 S・アダチ・アンド・カンパニー代表 足立眞一氏
金相場は短期で2,000ドル
長期上昇継続のための調整場面 価格見通しを上方修正するなど強気不変
白金 基調の強さは変わらず 短期的に調整安場面が続く
ゴム 当限納会に向かって逆ザヤ拡大へ 8、9月限が高値出して荷を呼ぶ必要
野菜 悪天候続き品薄だが  北日本産出回りで需給は改善
小豆 需給か天候かのどちらを重視 作付は2万4、000ha前後
石油 NY原油期近が70$の攻防続く ガソリンは上下波乱の様相を呈する
アルミ 徐々に下値を固めていく  対日プレミアムが前期比アップ
コーヒー エネルギー不足から短期的には下値揉合 積極的に売る材料も乏しい
生糸 中国内陸部で繭生産増加 弱材料の消化が一巡して底固めへ
粗糖 15セント下限の展開か 白糖プレミアムが5倍に高騰
畜産 鶏肉12月限は割安 鶏卵期先でサヤ取り作戦
商品ミニ情報 小豆は底入れ完了との見方/商品投資は今後も拡大
株作戦 ブラック・マンデーの再来!?

週刊商品データ  2006/6/5号 (1339号)
特集
《インタビュー/株式》経済評論家・杉村富生氏に聞く
9月まで曇り空続く 波乱こそチャンス
マネーが漂流中
変化を深読み ゴムは調達コストの逆ザヤ化で強い 6月限納会が急騰する可能性あり
短期的には調整場面が続く 中長期的なトレンドに変わりはない
白系金属 NY白金は2,000ドルを目指す!? 宝飾業者が国際現物市場で手当
野菜 現物に高値抵抗の動き 出荷減予想も上昇へ結びつかず
石油 NY原油は強材料が出揃えば急騰 ガソリン、灯油とも波乱含みの展開
ゴム 調整安後に再び上昇に向かう 次のターゲットは先限で330円
コーヒー “天候リスク後退”との声もあるが… 下値余地は限られている!?
穀物 米中西部で“高温乾燥”の予報 9日に米農務省が需給レポートを発表
シカゴ穀物 コーン 現在の作柄より夏場の天候重視
大豆は弱気を継続!!
粗糖 ブラジルの増産観測が地合を圧迫 15セントが節目になるはずだが…
生糸 反動高の期待で突っ込み買い アジアにシルク産業発展の芽育つ
四季 大いに語ろう円高のメリット!!
円安を期待するのは間違っている
構造改革を推進する必要あり
商品ミニ情報 小豆は来週の発芽がカギ/採卵用ヒナえ付けが10%減
株作戦 信用買い残が重荷に!!

週刊商品データ  2006/5/29号 (1338号)
特集
《ゴム》需給ひっ迫を背景に逆ザヤ相場
先限は320円目標で上昇 タイからの船積遅れ表面化も
為替 PBA証券 顧問 石川雅弘氏
投資家の考えは皆同じ
続騰の反動で波乱は止むを得ない 買い場形成のための調整局面
白系金属 ファンドが主導し上昇 短期的に上下波乱の様相
海外貴金属 引き続き下値を切り上げる 原油相場や経済指標に注目
石油 米国ドライブシーズン本番で原油高 国内の製品市況も上値追いの展開
コーヒー 貴金属や原油の余波で波乱もある!? 基本的に基調は底固いが…
穀物 天候相場で舞い上がるチャンス 他商品からの資金移動を期待
小豆 長期にわたり下値鍛錬済み 売られた悪目を買い拾う!?
アルミ
まずは日柄調整が必要 アルミ独自の材料に変化ない
粗糖 EUは白糖輸出許可停止を再表明 NYダブルボトムの展開か
畜産 鶏肉12月限新甫が超低水準で発会!! 鶏卵現物は軟化する気配
生糸 中国は生糸の増産計画を成就出来るか? 国内の4、5月商戦は不振
野菜 目先高も消費に注意 日照不足は夏野菜の作柄左右
商品ミニ情報 大豆や小豆を備蓄/今年は6回の大型ハリケーン/銀高騰は投資需要が主因
株作戦 世界同時株安の様相

週刊商品データ  2006/5/22号 (1337号)
特集
《トウモロコシ》ユニパックグレイン(株)茅野信行氏に聞く
需給環境激変し波乱含み 例年以上に天候リスク大きい
変化を深読み NY銀が調整局面入りの可能性 ETFの存在で貴金属が低迷するか
材料や長期的流れに変化はない 当面は神経質な展開続こうが…
白系金属 JM社は8年連続の不足を示唆 強気がリードして高値更新を継続か
ゴム 6月上旬に向け300円 上下波乱ながら強気不変
石油 原油が再び反騰へ転じる可能性 ファンド巻き返しで製品市況は上昇へ
コーヒー ブラジルは2年度連続でタイト!? 需給バランスと天候要因を見直す
穀物 天候リスクに期待して強気方針 史上2番目の豊作でも供給不足
小豆 旧穀売りの新穀買い!? 目先は下値警戒で反発も
海外砂糖
徐々に供給過剰がプレッシャーに 原油の影響を受ける時代に突入
粗糖 NY16〜18セントのレンジ キーワードは“原油”!!
畜産 鶏肉新甫の値位置に注目する 鶏卵9〜10月限でサヤ取り作戦!!!
生糸 不需要期を映し地合軟化 中国産生糸の値下げで下降が続く
野菜 北日本の天候がカギ 当限は現物に対する割高修正
商品ミニ情報 ドル下落予想66%/東京コーヒー2006年5月限納会
四季 “需給情報の活用法”は何か
パソコンに張り付く取引の害
悪材料の背景に好調な経済あり
株作戦 アノマリーによる相場展望!!

週刊商品データ  2006/5/15号 (1336号)
特集
<白金>世界白金需給の行方は?
超大型相場へ向かう公算大 需要増とファンド買いで上昇
用語解説・白金(PLATINUM)の需給要因とポイント
株式 S・アダチ・アンド・カンパニー代表 足立眞一氏
ベトナム株投資のすすめ
80年の高値を確認する流れへ 加速度つけてNYは700ドル突破
石油 NY原油は80ドル目標の上昇へ 国内石油製品も上値追いを継続
ゴム 天然ゴム25万tの供給不足が直撃 1980年につけた300円時代へ!!
野菜 出荷増で現物弱含み 台風少なめだが油断は禁物
小豆 天候と市場人気で強弱二分 二者択一の究極選択迫る!?
穀物 米穀倉地帯の天候に不安要素!! シカゴトウモロコシは取組増加中
アルミ 材料は強気に作用する 利食交えつつあくまで“弱気禁物”
コーヒー 徐々に天候相場ムードを強める ブラジルの天候と為替から目離せず
粗糖 EUのビート作付面積は約19%減少 市場環境が強気をあと押し
畜産 鶏肉期先は秋需要期限月 鶏卵9〜10月限の逆ザヤ不自然
商品ミニ情報 インドが繰糸機を輸入する/米国のエタノール議論/海運運賃の上昇見通し/各国もドル安不安抱く
株作戦 気懸りなのは円高進行!!

週刊商品データ  2006/5/1号 (1335号)
特集
<株式>株式評論家・木村佳子氏に聞く
夏へ向けて一段高の場面も 秋に基調転換する可能性あり
変化を深読み トルコ金市場で売手の不在が続く 6月まで上昇が続く可能性は強い
国内は連休の谷間で調整継続も 内外のケイ線がもう一段高を示唆
白金 ファンド筋の強気で相場が上昇 石油業界向けの需要増加も強材料に
石油 原油は調整安が終れば再反騰か イラン問題と米ガソリン不足が強材料
ゴム ファンダメンタルズは強気に味方 目先の安値を買い拾う作戦
野菜 連休明けは波乱含み!? 平年並の長期予報も油断大敵
小豆 6月限以降はサヤ取り筋の現物が還流へ 再び供給過剰圧迫を受ける
穀物 天候相場の本番で人気化する 修正安後に再び反騰を期待!!
シカゴ穀物 大豆 他穀物が上昇しないと軟調続く
コーンは天候重視!!
コーヒー もう一段高目指し上昇 市場参加者の共通項は“先高観”
粗糖 5月入りで地合が一変する 増え続けるエタノール需要
畜産 鶏肉まだ上値残しの様相 鶏卵10月限の値位置はどの辺か!?
生糸 弱材料織り込み下値固め 中国産生糸の輸出価格動向に注目
商品ミニ情報 非鉄は高値更新ラッシュ/白金予測の上限1,250$
四季 投資で成功するための心得とは
後悔、未練、固持は敵と想え 相場観は邪魔になると知るべし
株作戦 荒れ模様の展開だが…

週刊商品データ  2006/4/24号 (1334号)
特集
《金》過去最高値を確認する動きに!!
長期上昇トレンドは不変 原油に比べて出遅れている
為替 PBA証券 顧問 石川雅弘氏
無視出来ない中国の影響
海外貴金属 金の上昇トレンドは継続へ 1,000ドルも到達し得る!?
白系金属 史上最高値の更新が続く可能性強い 世界的な触媒需要の好調も支え
ゴム 先限で265円を抜くことが先決 5月は揉合から上放れ相場
石油 イラン情勢の緊迫化で波乱続く 国内製品も高値を更新する展開
コーヒー 生産国の輸出量が減少 需給タイト感は解消せず!?
穀物 石油や金のあとに穀物急騰!? エタノール向け・輸出ともに削減出来ず
小豆 市場は戻り売り人気の空気 天候相場で何が起こるか判らず
粗糖
NY5月限納会を待つ 3月限を上回れば好材料!!
生糸 中国シルク事情が急変へ 生糸輸出価格は大幅引き下げか?
野菜 台風被害のリスク大きい10月限 天候不順続くと5月も強調
畜産 鶏肉400円以下は超安値 鶏卵が需給改善で200円を突破
商品ミニ情報 モノは10〜15年間上昇する
株作戦 原油高、金利上昇を嫌気!!

週刊商品データ  2006/4/17号 (1333号)
特集
<原油/金>三井物産フューチャーズ・江守哲氏に聞く
原油は夏に100$の可能性 金が短期的な調整安迎えるか
変化を深読み 中国輸入増と原料価格高で変化 ゴム市況を押し上げる最近の要因
内外ともに上昇余地は十分!! 過去最高値を更新との強気予測も
白系金属 NY白金は1,200ドルを目指す 大口投機資金が相場をリードする!
ゴム 三角保合に舞い戻った 21日のG7を控えて神経質
石油 NY原油の騰勢は更に強くなる ガソリン、灯油とも上値追いの展開
コーヒー 目先は調整継続の可能性あるが 材料から見て弱気出来ない!?
穀物 トウモロコシにマト絞って買う 少々の天候不順でも急騰する可能性
海外砂糖
ブラジル中南部400万トン増産
2月の高値まで上昇する理由はない
粗糖 NY5月限納会を控え軟調な展開続く 順ザヤ拡大で下値に接近か
畜産 鶏肉期先は需要期で上昇余地!! 鶏卵需給の改善から強含み
生糸 生糸の供給は先細り 中国は天候悪で繭減産か
野菜 調査価格に当限がサヤ寄せ!? 天候不順続くと品薄の公算
商品ミニ情報 ETFとは何か?/非鉄は高値更新ラッシュ
四季 支持線、抵抗線付近に注意!
マーケット・プロファイルとは? 偏差値で分析する新手法
株作戦 短期的には過熱ゾーン!!


週刊商品データ  2006/4/10号 (1332号)
特集
《穀物》
割安が投機資金の流入を促進
大幅な減反で高値に迫る エタノール需要急増見通し
株式 S・アダチ・アンド・カンパニー代表 足立眞一氏
ニューヨーク株を読む視点
銀に対して出遅れ感が顕著に ケイ線はもう一段高を示唆!!
白金 NY白金相場の上昇が東京へも波及する 買い人気の強さはまだ続く
石油 原油は大幅な上昇を演じる公算大 イラン情勢が緊迫化して買い気旺盛
ゴム 大揉合から放れる相場 タイの在庫カラカラになる
野菜 低温が続けば品薄高!? 関東は低温で出荷にやや不安
小豆 4月限以降の渡物は減少!? 先限は下値余地が乏しい
コーヒー ブラジルは徐々に輸出余力低下へ!? 大豊作が困難な生産環境に
粗糖 ブラジルのエタノール価格高騰 NY5〜7月限は順ザヤが拡大する!!
生糸 中国産生糸の輸出価格は高値水準を維持 需給バランスが引き締まる
商品ミニ情報 “小豆需給安定懇”の設置について “望ましい需給構造”にどう対応
株作戦 株価は“高い水準”との認識を!!

週刊商品データ  2006/4/3号 (1331号)
特集
《気象》
ラニーニャ現象と世界の天候
米国穀倉地帯は少雨傾向 低温で南米に早霜の恐れ
変化を深読み 大型資金の運用先として注目!! 石油株とニューヨーク原油先物
金の年初来高値更新は時間の問題 ETFとストを巡り銀は高値波乱
白金 ファンド買いで上昇へ 内外とも高値更新を目指す
石油 米ガソリン在庫減少で原油急上昇 イラン情勢の緊迫化も支援要因に
ゴム 国際商品の全面高が支援 260円前半を固めてから270円へ
野菜 天候が順調ならジリ安 サラダ用商材の消費がカギ
小豆 相場の流れが変化するか!? 5日に『小豆需給安定懇談会』
穀物 理論よりもテクニカル主導相場 国際商品高騰・インフレ人気あと押し
シカゴ穀物 大豆 干ばつが発生しない限り上値期待薄
コーンも下値トライ
コーヒー 需給を徐々に見直す 弱気出来ない流れへと変化
生糸 端境期で需給はタイト化 下値を固めて強気がリードする
粗糖 サンパウロの会議では強気コメント多い EUと豪州減産が強材料
畜産 採卵用ヒナ大幅減少で減産体制に移行 ブロイラー用は増加が続く
商品ミニ情報 今後半年は110¢が中心値!? ■東穀コーヒー市況パネルディスカッション
インターネット活用術 新入社員に役立つサイト 先輩たちもマナーの再点検
四季 株価は天井突破の時期を待つ
“利食い千人力”だけで終るな
流れと勢いに乗れば利益も増大
株作戦 主軸株は意外に堅調!!


週刊商品データ  2006/3/27号 (1330号)
特集
《ゴム》
産地減産期で需給ひっ迫に拍車!!
上げの牽引役は中国とインド
“三角保合”から上放れる公算
為替 PBA証券 顧問 石川雅弘氏
マーケットが行きたい方向
緩やかで息長い上昇をイメージ 目先は整理売りも想定
海外貴金属 米政策金利の動向に注目を 基本的な堅調地合は不変!!
白系金属 下値を固め上昇トレンドを確定 白系金属の浮上が強力な支援材料に!
アルミ 底固い点を評価したい 世界需給のタイト化が下支え
石油 中東地域の緊迫化で原油が上昇 石油製品は海外投機筋の主導で強調
コーヒー 期近は天候相場限月に 月末に向け玉整理もあろうが…
穀物 トウモロコシに失望売りの恐れ 米農務省が発表する作付に注目
小豆 18年度は需給改善に向かう 減反で下値切り上げ相場
粗糖
豪州サイクロン被害 NYはまだレンジ相場続く
生糸 下げた反動で強調相場 輸入生糸の値上げが強材料
野菜 サラダ用商材の消費動向に注目 先限は台風を意識する展開
畜産 鶏肉10月限は順ザヤが妥当 29日にヒナえ付け発表
商品ミニ情報 在庫増で減反効果薄い ■小豆の需給悪化続く
株作戦 商い面は今ひとつだが…

週刊商品データ  2006/3/20号 (1329号)
特集
《トウモロコシ・大豆》パネルディスカッション
需給改善期待出来るコーン シカゴ大豆は5〜7ドルで推移!?
変化を深読み 粗糖は底値圏に到達した可能性 ゴムの下値は浅いが手掛かり待ち
彼岸底形成に向けてまずは調整 双子の赤字問題の再燃が徐々に作用
白系金属 弱材料を消化して底固め NY期近は1,000ドル大台を守る
ゴム 三角保合どちらに放れる 人気を左右する当限納会
石油 イラン、イラク情勢映し急騰も ガソリンは強気リードで基調強める
コーヒー レアルの影響で生産コストが上昇 NYは下値を固めつつある!?
穀物 今、来週は内外で修正安の時期 シカゴ安、海上運賃安、円高が嫌味
海外砂糖
ブラジル増産で期近にプレッシャー 強気相場は終わりを告げるか?
粗糖 市場から資金が流出し取組高が減少 ロシアは糖価上昇で関税引き下げか
畜産 鶏肉は無風状態が続く 鶏卵7〜8月限のサヤ注目!
生糸 中国生糸の値上げ続く 期先は5,000円攻防戦
商品ミニ情報 小豆消費141万俵にとどまる
四季 日経平均は1万7,000円が視野に
認識、知識、意識どこが違う
予想が目的でなく利益が目的
株作戦 明るさを取り戻す株式市場

週刊商品データ  2006/3/13号 (1328号)
特集
《国際商品・粗糖》東穀特別市況講演会
まだ原油価格は安過ぎる!! エタノール需要増大でコーン高
丸紅(株) 丸紅経済研究所副所長 柴田 明夫氏

粗糖 パネルディスカッション
東穀協会 東京穀物市況調査会共催
《第一線の商社担当者とアナリストの最新分析》
ブラジルの生産コストが上昇
10〜11月に44セントで天井 下げても10セントが下限に
株式 S・アダチ・アンド・カンパニー代表 足立眞一氏
下値不安が消え上昇トレンドへ
独自の材料は依然として不足 煮え切らない展開にやや下値不安も
白金 玉整理が進んで下値を固める 高値警戒で上値は抑制される公算大
石油 NY原油は中東情勢を映し波乱 現物需給タイト化で灯油の基調強い
ゴム 産地タイの減産が表面化するか 安値出尽して反騰態勢!!
アルミ カベを抜けなければ失望売りも… 短期的に基調の好転は困難!?
穀物 シカゴ連動型が一時離脱か トウモロコシと大豆で明暗分ける
小豆 納会は価格次第で現受け増加 天候相場控えて買い場探し
コーヒー “彼岸底”形成ムードへ!? 納会を経て徐々に流れが変化する
粗糖 乱高下続くが5月限は強含み!? ブラジルのエタノール価格上昇
畜産 鶏肉507円示現後に失速 鶏卵現物が各地で軟調推移!!!
生糸 日中の繭減産で基調強い 織物価格が上昇して採算は改善へ
野菜 出荷が重なり軟調地合が継続 葉物急落して調査価格を押し下げる
商品ミニ情報 ブラジルのコーヒーが減産に!?/
株作戦 押目買い作戦が有効!!

週刊商品データ  2006/3/6号 (1327号)
特集
《株式》経済評論家・杉村富生氏に聞く
波乱相場では逆行高銘柄を 夏場にかけ1万8,000円絡みへ

東穀取主催講演会
エタノールの農産物市況に与える影響 農作物がエネルギーに変貌
変化を深読み 安納会で投機筋の強気後退 下値模索が長期化する恐れ
東京金にとって悩ましい材料!? ケイ線要因と為替要因に不安感
白金 上昇エネルギーを蓄積中!! 需給要因は強気で人気回復を待つ
石油 中東地域のテロ激化で急上昇も 製品相場は強基調を継続する公算
ゴム 依然として上下波乱!? 東京は“世界一高い相場”を形成
野菜 出回り増で現物は低下 先限は天候リスクを意識したい
小豆 農協筋の新規売りに市場が動揺する 天候相場前に再び下値探り
穀物 内外で天候相場以前に玉整理 高値買い付きは警戒が必要
シカゴ穀物 大豆 鳥インフルエンザへの恐怖は?
供給過剰続くコーン
コーヒー 新規材料難から上昇力不足だが… 需給面で予想以上に下値も固い
生糸 インドの生糸不足は深刻 国内も需給タイト化が続く公算大
粗糖 春相場の見どころ探る 日柄調整を経て出直りか!?
畜産 鶏肉トリプルボトムから上昇 鶏卵は7月限買いの8月限売りで対処!
商品ミニ情報 ブラジルのアルミ投資に変化?/中国の穀物輸入拡大へ
四季 デイトレを極める手法あり! 売買テクニックと手法は別もの
株作戦 “彼岸底”のパターンに!!

週刊商品データ  2006/2/27号 (1326号)
特集
《粗糖》上昇トレンドの背景
波乱含み!! 春相場が始まる
EUは劇的な変化
為替 PBA証券 顧問 石川雅弘氏
法則が無いというのも法則
半値戻りの水準が上ガサに!? 短期的にはある程度下値を想定
海外貴金属 金生産量の減少が強材料に 第一目標の600ドルを目指す
白系金属 買方が一歩後退して調整局面に 日柄をかけながら反騰態勢の準備へ
アルミ 日柄をかけて調整場面が続く 需給要因が中長期的な下支えに
石油 NY原油は60¢台固めて65¢へ イラン情勢緊迫化で急騰する可能性も
コーヒー まだ内外ともに上昇力が不足 短期的な基調好転は考えにくい状況
穀物 目先は内外で修正安を強いられる 3月前半には安値出尽して出直り
ゴム 下値見定める展開続く 目先は買方の玉整理を催促
小豆 今年の天候次第で需給に変化 平年作以下なら過剰感消える
海外砂糖
主要輸入国は買い付けを先延ばし ファンドの買いが火をつけるか!?
生糸 アジアの需要が増加中 押目を買い拾い上昇を待つ
野菜 波乱を内包する8月限 3月は太平洋側の大雪に注意!!
商品ミニ情報 俵の重みでつぶれた!? ■小豆の受け渡し600枚
鶏卵生産5年連続減少 ■05年は1%減の246万トン
株作戦 “春の嵐”は需給悪が主因!!

週刊商品データ  2006/2/20号 (1325号)
特集
<貴金属>貴金属アナリスト・園田征次氏に聞く
金はファンド動向で決まる ETFで新規需要が発生した
変化を深読み 未曾有の投機買いと商社売り対抗 穀物は短期的に下値模索を優先
国際商品全般で日柄調整が必要 3月は市場にとって神経質な時期
白金 当面は調整安を継続する公算大 時間をかけて下値を固める流れ
石油 NY原油調整局面が続く可能性強い ガソリン、灯油とも反発の時期を探る
ゴム 金・原油の動きに強く左右 先限で235円前後が下値のメド!?
野菜 ラニーニャ発生時の夏野菜は安い 調査価格は160〜170円で推移
穀物 穀物に投機資金が移動 大豆売りのトウモロコシ買い!?
コーヒー 応分の日柄調整が必要 一方では長期的な下支え要因も
粗糖 NY総取組が50万枚割れ 3月限納会を控え玉整理場面
生糸 現物需給も引き締まり買い方有利な展開 輸入価格の上昇で基調強い
畜産 鶏肉期先は不需要期!! 鶏卵3〜6月限が依然割安
インターネット活用術 脚光を浴びるンブラジル 有益なニュースを連日掲載
商品ミニ情報 3月に向けて売りの相場続く■小豆の実弾は十分ある
大豊作は困難!?■ブラジルのコーヒー生産
四季 中国は世界経済の“心臓”だが
挫折で“アキレス腱”へ変身も
米国の元切り上げ圧力が増す
株作戦 “節分天井”は“彼岸底”!?

週刊商品データ  2006/2/13号 (1324号)
特集
《穀物》
トウモロコシは需給改善に向かう
エタノール需要で価格上昇 しばらくは上下波乱の展開も
株式 S・アダチ・アンド・カンパニー代表 足立眞一氏
資源関連株は今年も本命
金独自の材料に何ら変化ない 利食売り一巡後は再び買われることに
白金 供給不足が上昇の要因 ファンド買いもサポート材料
石油 WTIは日柄をかけ地合固める ガソリンが反発力の強さを示す
ゴム 上下波乱しながら天井打ってない!? 逆ザヤ修正で商社が実弾手当
アルミ 連日の上場来最高値更新に歯止め 待ちに待った調整局面を経て再上昇へ
小豆 3年続きの豊作あるのか!? 底入れで下値切り上げ相場
コーヒー ケイ線は下値模索を示唆しているが 長期下降トレンドに至らない
粗糖 NY市場は乱高下模様 ブラジルのキビ6%増産へ
畜産 鶏肉の300円台はおおむね底値圏の様相 鶏卵は8月から需給改善へ
生糸 インドや欧州で需要が増加し明るさ出る 中国産生糸の値上げで強い
商品ミニ情報 野菜は当先とも揉合が続く/米コーン需給構造が変化/銀の高値20ドル?
株作戦 世界的にインフレの兆し!!

週刊商品データ  2006/2/6号 (1323号)
特集
<株式>株式アドバイザー・北浜流一郎氏に聞く
市場が大転換で強さを発揮 資源やエタノール関連注目
変化を深読み ETF(投資信託)上場目指す銀 オプション市場での巧妙な手口
国際商品は新しい価格帯を模索 短中期的にも上昇余地が十分ある
白金 NY白金が史上最高値を突破した 東京市場も連日の記録更新場面!!
石油 原油が史上最高値突破へ向かう ガソリンはファンド買いで上昇を継続
ゴム タイヤメーカーが仮需要に動く 船積み遅れれば逆ザヤ拡大!!
野菜 先限は揉合を継続か!? 寒波需要への過剰な期待は禁物
小豆 生産調整で下値アップ 期先限月がリード役になる
穀物 エタノール需要と減反が支援 トウモロコシは大底打ちから上昇相場
シカゴ穀物 大豆 ひと息入れて再び下げる公算
コーンは弱基調継続
コーヒー 東京は昨年3月の高値に接近したが… 独自材料乏しく上昇力不足
粗糖 2月は基調転換の要注意月に!! ファンダメンタルズは良好だが
畜産 鶏肉400円割れ買い妙味 鶏卵は引き続きサヤ取り作戦で!!
商品ミニ情報 生糸期先5,000円を突破/タイで内外価格差が拡大/
エタノール増産に米大統領がお墨付き/金の投資需要で注目
四季 昨年中に悪材料の消化が一巡
日本経済は強く!今年は明るい
需給が好転し上昇基調を期待
株作戦 基調は抜群に強いぞ!!


週刊商品データ  2006/1/30号 (1322号)
特集
《ゴム》
世界需給はひっ迫した状態が続く
1980年代の大型相場へ移行 春に向けて280円を実現する!?
為替 PBA証券 顧問 石川雅弘氏 
今年は株式相場が主導?
NYは600ドル台へまた一歩接近 地政学的リスクなども支援要因に
白系金属 需要増見込みファンドが強気 東京白金の上場来高値の更新は必至!
アルミ 東京は上場来の最高値を更新 調整経て再上昇する公算が大きい
石油 原油は史上最高値の更新へ!! 灯油が品薄を背景に急上昇する公算大
コーヒー 目先は上昇場面もあろうが… 高値を追うのは危険!?
穀物 2月に買い場が到来!! 目先は大豆中心で売られる
小豆 北海小豆3千haの減反政策 需給調整を背景に強気ペース
海外砂糖
ファンダメンタルズにサポート要因 相場は完全に新たな時代へ入った
粗糖 NYが天井圏に突入か 大商いは基調転換のサイン
畜産 鶏肉400円割れ買い狙い 鶏卵3〜5月限でサヤ取り作戦
生糸 長期の目標値は5,000円 供給減少と輸入価格高で上値追い
野菜 天候安定すれば出回り増加 寒波が続き不安定な動きが続く!?
商品ミニ情報 ついに小豆は生産調整へ/小豆は実需筋の受けも多い 
株作戦 市場はアク抜けに向かう!!

週刊商品データ  2006/1/23号 (1321号)
特集
<為替>FSIG代表・野村雅道氏に聞く
今年末にはドル安へ向かう 106〜120円の変動レンジ
変化を深読み 灯油が需要の読み違いで波乱 ガソリンは環境規制がキーワード
NYは調整を入れて次の上昇へ!! 中長期的な先高観が強まっている
白金 投資資金の買いで上値追いへ 需給タイト化を再認識
石油 NY原油は70ドルへ挑戦する展開に 国内製品市況も追随して高値更新か
ゴム 1980年代前半の高値も 金や原油高騰が強くあと押し
野菜 天候次第で波乱相場!! 消費者の買い控えが上昇を抑える
穀物 引き続き戻り売り基調不変 インデックスファンドの動き注目
コーヒー 懸念要因もあって続伸するかは疑問 総取組伸び悩みで上昇力不足
粗糖 過去に経験がない相場を展開中 3月限波乱含みの様相
生糸 中国生糸の減産が支援材料に 需給タイトを映し上昇
畜産 鶏肉はトリプルボトム 鶏卵現物が急速に回復みせる
インターネット活用術 コメ上場を前に予習する 亀田製菓のコメ関連サイト
商品ミニ情報 国際商品の長期上昇続く/相場で損しない儲ける秘訣/金の高値は580ドル
四季 北京から見た中国の最新事情
個人の所得格差は急速に拡大中
経済闘争が発生する危険を孕む
株作戦 ライブドア・ショック!!

週刊商品データ  2006/1/16号 (1320号)
特集《金》
商品としても金融資産としても魅力
回復力の強さに注目する!!  いたずらに弱気は出来ない
株式 S・アダチ・アンド・カンパニー代表 足立眞一氏
株式投資の本質を考える
白金 足場を固めて高値更新へ向かう  需給タイト化が強力な支援材料
石油 灯油期近が需給ひっ迫で高騰  大逆ザヤ修正の上昇を期待出来る
ゴム 2月にも産地の需給ひっ迫表面化  日本向け船積みに一部遅れ出始める
野菜 当限は200円接近  高値が“野菜離れ”を促す!?
小豆 昨年9月にすでに大底打ち  日を追って地相場格上げ型へ
穀物 舞台装置が大きく変化  再度の下値探り相場を予想
コーヒー 東京は期近が頭重く順ザヤ幅拡大  幸先の良いスタートも上げ一服に!?
粗糖 NYはファンド筋の買いが5週連続減少  15セント示現で調整期入りか
アルミ 需給タイト感が支援する  暴落後の立ち直りの早さを評価
生糸 中国産生糸の値上げで上昇か  浮動玉が処理されると需給はタイト
畜産 採卵鶏は1月から減産体制の様相  4月まで鶏肉の供給過剰が続く
商品ミニ情報 貴金属の高値更新必至/強気相場は2018年まで続く
株作戦 スピード違反に警告を!!

週刊商品データ  新春特集号 (1319号)
新春座談会 2005年を振り返り2006年を予想する
注目商品はこれだ!? 担当記者が新春相場を展望
国際商品 丸紅経済研究所副所長/柴田明夫氏
穀物は世界需給や出遅れ感見直す
原油に比べ金が割安  新たな上昇局面を迎える
経済 経済評論家/三原淳雄氏
新生日本のスタートでチャンス拡大  増える国から“増やす国”に変身

国際エコノミスト/今井澂氏
2006年は投資の黄金年になる  株高、円安、金・原油高を予想!!
投資 さわかみ投信/澤上篤人氏
積極的にリスクへ向かう利益追求を  貯蓄という永久凍土が融け出した

経済アナリスト/田中勝博氏
日本経済は更なる上を目指す  株と不動産の回復に期待する
株式 経済評論家/杉村富生氏
投資の時代が株価を押し上げ  上昇2波のピークは2万円台

株式アドバイザー/北浜流一郎氏
“日本を買う”動きで大型株に注目  自動車とインドがテーマとなる!

株式評論家/木村佳子氏
夏場には2万円を超える公算大きい  中国が動く前に外国人が買う
為替 マネー&マネードットコム専務取締役編集長/吉田 恒氏
日本がインフレになるとドル急騰も  海外投資増え円安促進される

フィスコ/山下正比呂氏
ドルは夏まで急騰した後に下落へ  日本のゼロ金利策で前半円安か

中央大学経済研客員研究員/坂田豊光氏
参加国の拡大でユーロ評価が低下  欧州はドルシフトへ傾く可能性も
干支 干支にまつわるエトセトラ 
貴金属 流通経済大学講師/園田征次氏
南ア貴金属法で史上最高値更新へ  供給不安が増大し上昇基調続く
マーケット・ストラテジィ・インスティチュート代表/亀井幸一郎氏
更に水準切上げ2007年に橋渡し  危うさの予見可能性が金を買わせる
石油 UBSウォーバーグ証券/伊藤敏憲氏
50〜70ドルのレンジ内で変動する  年後半に基調が弱くなる可能性

三井物産フューチャーズ鰹辮ネストラテジスト/江守哲氏
突発事故あれば90ドルへ噴き上げ  大型資金の居残りで基調の強さ続く
穀物 ユニパックグレイン椛纒\取締役社長/茅野信行氏
気になるシカゴ大豆の順ザヤ

アンドレイ・ファーイースト且謦役穀物部長/大本尚之氏
農家の出方がポイントになる

伊藤忠商事叶H料カンパニー主席アナリスト/岩崎正典氏
コーンは2$上下20セントの動き
丸紅竃脂部長/石神 高氏 脊山藤成氏

(株)インテレス・キャピタル・マネ−ジメント チーフ・アナリスト 齊藤 和彦氏
シカゴ弱気、国内強気のスタンス

ひまわりシーエックス(株)主席アナリスト 緒方 史法氏
政治抜きで語れないエタノール
コーヒー ワタル/小澤志郎氏
需給の緩和とドル高が懸念材料  新価格レンジ形成で下値固いが

エース交易潟Vニアアナリスト/野崎由香理氏
適正な価格水準を探る年に  当面は80〜100セントのレンジ想定
ゴム 岡地且謦役海外事業部長/井上成也氏

豊商事潟fリバティブスIT・国際担当/取締役部長 古井 智昭氏
砂糖 潟pールエース営業部部長/八木正氏
ブラジルとEUが強材料  20セント以上で消費が減退へ

このページに掲載された記事・画像の無断転載及び無断リンクを禁止します。
すべての著作権は株式会社 商品データ及び情報提供者に帰属します。
株式会社 商品データ
東京都中央区日本橋蠣殻町1−18−1
E‐mail  info@shohin-data.co.jp