新着情報

週刊商品データ  2006/12/11号 (1364号)
特集
《穀物》米国のエタノール生産急ピッチ
修正安後に再び上昇波動へ トウモロコシは来年度も不足
株式/為替 マーケットアナリスト 中原 駿氏  日経平均・為替サイクル分析
じっくり時間をかけて上昇する 短期的には玉整理で頭重い!?
白系金属 当面は上下波乱の展開が続く 東京市場も底固めてから反騰相場へ
アルミ 強弱バランスが均衡!? 短期的にレンジ相場を想定
ゴム 今週には戻りのヤマ場形成 当限納会控え強弱攻防戦続く
粗糖 10〜13セントのレンジ 原油価格と円相場がポイント
石油 OPEC追加減産の可能性高い ガソリンは原油高背景に上放れる
コーヒー 内部要因に微妙な変化 需給バランス改善が支援
小豆 根気良く押目を買い拾う!? 新穀小豆の1万円以下割安
生糸 国産糸から輸入原糸へのシフト続く 当面は軟弱な基調が続く公算大
畜産 鶏卵現物強調で期近強含み 期先は修正高の余地が大きい
野菜 重油高も暖冬と効率的管理で影響小 出荷増え12月半ばまで軟調
商品ミニ情報 LMEでファンドが買い占め ■相場高騰の可能性
株作戦 メインテーマはM&A!!

週刊商品データ  2006/12/04号 (1363号)
特集
<株式>株式評論家・木村佳子氏に聞く
外国人投資家がカギ握る 日経平均は3,000円高の可能性
変化を深読み 中国輸出政策変更の影響に注目 レアメタル逼迫で危惧されるのは何か
内外で“冬高シナリオ”継続へ 欧米金利に対する見方の変化も支援
白系金属 上下波乱から反発へ! 外資系ファンドが買い進む
穀物 東京市場も順ザヤから逆ザヤへ 中国が輸出契約不履行か
シカゴ穀物 大豆 資金が参入し需給無視の上昇  コーンは長期強気!!
ゴム 戻り一巡後に再度の下値探り 本格的出直りには疑問多い
粗糖 NY逆ザヤ転換で上昇 原油高を背景にファンド買い
石油 NY原油65ドル目標の上昇? 国内製品市況は内部要因が強気優勢
コーヒー 時間をかけて上昇していくイメージ 目先はレンジ内の動きか
小豆 農水省から発表される実収高に注目 強気ペースの相場が続く
生糸 国内絹業は不振を継続 中国で繭、生糸生産が増加
畜産 採卵用ヒナえ付け減少傾向 期先の割安が修正される展開へ!!
四季 株価が下げても弱気になるな! 今こそ、悪循環から抜け出るべし
悲観と懐疑の狭間で揺れる心理
商品ミニ情報 商品価格は再び急上昇 ■OECDの経済見通し
株作戦 独歩安が続かない理由?

週刊商品データ  2006/11/27号 (1362号)
特集
《インタビュー/株式》経済評論家・杉村富生氏に聞く
下値1万5,500円  日本市場 独歩安!! 政策が逆行する
為替 PBA証券顧問 石川雅弘氏  今年は為替が外れ年
需給の引き締まりが支えている 独自材料を背景に落ち着いた動き
海外貴金属 強弱材料の綱引きで不安定 600$前後から650$と予想
白系金属 ETF上場の噂で急騰劇!! NY市場は高値更新の可能性
穀物 オイルの需給もひっ迫見通し!? トウモロコシ・大豆に追い風
ゴム 生産国が市場介入をほのめかす 先安不安で買方の手仕舞続く
粗糖 輸出国が相場を決める状況 積極的な船積みなら価格は下落へ
アルミ LMEの順ザヤ幅拡大の背景とは… まずは焦らず下値を見極める
石油 灯油は出遅れを取り戻す急騰演じる? 原油60ドル攻防から上放れ
コーヒー ファンド動向次第で乱高下もあろうが… ブラジル国内の需給はタイト
小豆 年内は“負の遺産”の総決算!? 旧穀安に連動した新穀を買う
生糸 年末需要不振から市況軟化へ 中国の生糸生産が絞られる可能性
野菜 鍋物需要は空振りか 産地廃棄も安値傾向が続く!!
畜産 30日のヒナえ付け発表で供給にメド 鶏卵4月限は下げ一巡模様!?
商品ミニ情報 白金が大波乱 ■12月限は商社のまとまった売買
株作戦 日本“独歩安”の背景とは?

週刊商品データ  2006/11/20号 (1361号)
特集
<白金>貴金属アナリスト・園田征次氏に聞く
1500ドルも視野に入る!! 自動車向け需要増が支えに
変化を深読み 大豆上昇の燃料は畑にはない!! 穀物が強い騰勢を維持する理由
“二進一退”でじっくり上昇へ 基本方針は押目買いに変わりなし
白系金属 NY白金は下値を固めて再浮上へ 弱材料の消化で心理的不安を一掃
ジョンソン・マッセイ社『プラチナ2006中間調査報告書』
穀物 材料出尽しムードで修正安 シカゴが下げれば需要は増大する
ゴム 弱気筋は当面180円に照準 検品申請が東西で1,000枚弱へ
粗糖 11.18セントが下値抵抗線 原油連動型も若干不安を残す
海外砂糖 11セント超では作付面積拡大する ブラジルの生産コストが下値のメド
石油 NY原油が下値を探る展開 製品は需給改善が進み底固さあり
コーヒー ブラジルの裏作減産幅が拡大する恐れ 輸出国在庫も過去最低水準に
小豆 新穀1本になると買い人気強まる 需給改善見通しで水準アップ
生糸 実勢を映し軟弱地合 インドの輸入動向がポイント
野菜 底打ちしたが低迷続く 盛り上がらない鍋物需要
畜産 鶏卵期近と期先で需給に変化 4月限は供給過剰を織り込む
商品ミニ情報 銀の価格見通し ■GFMS 
四季 損益計算書を読む方法は大切
投資の基本として欠かせない 数字で見るな比率で見るべし
株作戦 引き続いて銘柄勝負ッ!!

週刊商品データ  2006/11/13号 (1360号)
特集
《穀物》 大豆も作付大幅減見通しで先高
エタノール生産が急ピッチ 需給構造に大きな変化起こる
為替 中原 駿の実践トレーディング 日経平均のサイクル分析
東京は上昇三角形から上放れた 調整安でひと息入れて再上昇へ転じる
白系金属 NY白金暴騰の陰にETFの噂!? 内外ともに底値を確認し上値狙う
アルミ 大きく足を踏み外すとは考えにくいが… 波乱要素もあり利食最優先で
ゴム 今週の当限納会が大きなカギを握る 目先は修正高後に再度反落
東工取先物市場振興協会/ゴム産地研修視察報告
東工取の影響大きい!! インターネットで価格を把握
粗糖 NYの総取組がジリジリ増加 中国はいずれ備蓄補充へ動く
石油 OPEC減産の行方が焦点に 国内製品市況も上昇トレンドへ!!
コーヒー まずは“利食千人力” 需給を材料に地合引き締まる
小豆 12月限納会の“みそぎ”が必要 そこで安値出した1月限買う
生糸 中国産生糸の国内価格下落は調整安 弱材料を消化して浮上へ向かう
商品ミニ情報 エタノール需要の影響は軽微!? ■国際砂糖市場の見通し
株作戦 物色機運は極めて旺盛!!

週刊商品データ  2006/11/06号 (1359号)
特集
<金>MSI代表・亀井幸一郎氏に聞く
条件が揃えば700ドル挑戦 公的購入が増加する方向へ
変化を深読み ゼネラリストという名の群集心理 連動する商品と株式の関係
東京のケイ線は上昇三角形を形成 じっくりと足場を固めてきた
白系金属 下値を固め上昇へ向かう可能性 ファンダメンタルズが見直されている
ゴム 金・白金は原油安にソッポを向き始めた 再び下値調べの相場へ移行
粗糖 ブラジルが混合率23%に引き上げ 世界砂糖需給1,170万トンの余剰
石油 ガソリンは基調の強さを継続!! NY原油期近が上下にブレる公算大
コーヒー 消費の増加も下支えに 目先は納会を控え波乱含み!?
穀物 早くも来年度の供給不安強まる エタノール向け満たすには作付増大必要
生糸 対日輸出価格に注目!! 当面は小幅揉合の商状続く
商品ミニ情報 07年は供給過剰見通し■丸紅の世界アルミ需給見通し
四季 落とし穴の多い貸借対照表の見方
売れ残り商品の評価ルールはない 目を開いて数字を読む必要あり
株作戦 “強い銘柄”を攻めるのがセオリー

週刊商品データ  2006/10/30号 (1358号)
特集 パネルディスカッション《10月24日東穀協会・東京穀物市況調査会共催》

『2007〜08年度のコーヒー需給を分析する〜どうなる、ブラジルとベトナムの生産量〜』
ブラジルは“裏作”減産で強気の見通し
条件付きで140セント!! 世界的な需要増加が後押し


『2007年前半の砂糖市況を読む〜成長著しい中国の輸入は?〜』
近代化により1年で増産可能
ブラジルの天候カギ 当面の下値は10セント近辺!!
為替 PBA証券顧問 石川雅弘氏  すべては米国が鍵を握る
穀物へと人気がシフトしているが…  警戒感消化しつつ下値固め
海外貴金属 原油下落とドル上昇が圧迫 核実験に反応薄の理由は?
白系金属 底値圏から脱出するか  下げ過ぎの反動で上昇へ転換も
アルミ レンジから上放れて基調引き締まる  目先は調整安もあろうが…
ゴム 三角保合で材料を待つ  しばらく押目買い主体の逆張り
粗糖 自律反騰で3分の1戻しか ブラジルは混合率を引き上げへ!!
石油 OPEC減産の見直しで先高人気高まる 製品は需給が改善して基調強い
コーヒー ショートに対し警戒感  根本的な底固い基調は変わらず
穀物 大型のファンド資金が穀物を狙う 前月に比べ出来高急増する東穀取
小豆 新穀小豆も産地が割高走る 先物市場には荷を呼べない!?
生糸 中国生糸が反落へ転ず 国内は絹需要の低迷続く
野菜 調査価格は110円割れも 出回り増と暖冬を背景に弱含む
畜産 鶏卵4月限新甫の値位置は Mサイズ横ばいも先高観測は不変!!
商品ミニ情報 米国で500万エーカー増反の必要
株作戦 投信の存在感が一段と高まる!


週刊商品データ  2006/10/23号 (1357号)
特集
《東穀協会・東京穀物市況調査会講演会》
トウモロコシは4ドル挑戦 南米と米国減反で大豆に期待
変化を深読み 貴金属は押目買いへ転じたか? 底入れを示す内外の鉱山株価
市場に変化の兆しも見え始めた 今ひとつ“底入れ”と断言し難いが…
白系金属 目先は金、原油反発で上昇場面 先行き悲観的なシナリオの可能性も
ゴム 相場の流れが変化し始める 当面は10月限納会如何で人気左右
粗糖 売方トレーダーが買い戻したが… NYは乱高下模様の展開!!
海外砂糖 ブラジルの生産が400万トン増 光明を見出すような材料はない
石油 OPEC120万バレル減産で上昇 国内製品の現物事情も好転している
コーヒー 内外で下値は限定的!? 天候リスク後退でも底固い
穀物 修正安を演じたあと再度の上昇 シカゴ穀物は小麦主導相場
小豆 低迷からの脱出に手間どる 当限納会で実勢を読み取れるか
生糸 中国産生糸が急伸中!! アジアのシルク需要急拡大
畜産 鶏卵供給は引き続きタイト!! 3月限の市場環境明るく修正高へ
商品ミニ情報 北日本産野菜の出回り減少/砂糖価格は圧迫される/中国は投資過熱を抑制
四季 決算書から読める企業のタイプ
ファンダメンタルズ基礎の基礎 投資家にとっては情報の第一歩
株作戦 “負”の銘柄の逆張りを!!

週刊商品データ  2006/10/16号 (1356号)
特集
《原油》ファンド動向など材料見直す
短期的には下値余地を想定 需給の引き締まりが長期支援要因
為替/株式 中原 駿の実践トレーディング ユーロ/ドル分析
懸念要因が幾つか残っている ケイ線の好転を指摘する声あるが…
白系金属 更に安値を追う可能性が高い 内外部要因とも弱気有利な状況続く
ゴム 乱高下で方向見失う!? 懸念される商社のヘッジ売り
粗糖 リヒトが供給過剰観測 新しいレンジか戻り売りか!?
石油 製品現物の需給緩和で基調弱い 原油に連動して不安定な動きが続く
コーヒー 降雨が上値を抑え需給が下値を支える 上下にカンヌキがかかった!?
穀物 小麦をリード役に上昇 修正安演じたあと再び高値取る公算
小豆 9月限納会で安値出し切る 4ケタ相場は長く続かない
野菜 定期は割高修正の動き 大雨の影響軽微で軟調を継続
生糸 中国国内の相場が急上昇!! 対日輸出価格の引き上げは必至
畜産 鶏卵10月限が2004年高値を抜く勢い 3月限は修正高もまだ割安
商品ミニ情報 下げ続く国際商品/米国は暖冬で暖房費減
株作戦 ツー・ティア市場での投資戦術

週刊商品データ  2006/10/09号 (1355号)
特集
<為替>マネーアンドマネー・吉田恒氏に聞く
円安の“バブル”が弾けるか 10月相場が方向性を決める鍵を握る
変化を深読み 取組で判断し10月中旬に底入れ 石油関連株の下げ止まりで反発も
直近の安値更新で下値模索続く 原油急落により国際商品は“劣勢”に
白系金属 原油安を反映した大幅な下げ!! 下値固めの期待感が裏切られ急落
ゴム 波乱する国際商品をどう受け止める 当面は期近中心の上昇基調
粗糖 3年半前と同じパターンなら地合悪化へ NYの大受け渡しが重荷に
石油 原油は急落し55ドルへ向かう? 製品現物の需給緩和も売り材料
コーヒー 基調の底固さを評価!! 原油急落下でも下げ渋る
穀物 エタノール需要増大が価格押上げ 内外で2004年4月の高値を目指す
シカゴ穀物 コーン 韓国の買い付け増加と中国の関係は?
大豆油の動きに注意
小豆 10月中に安値見定め!? 当限と先限のサヤ修正が先決
野菜 150円の調査価格は高値圏 出荷が安定する10月は下傾向
畜産 鶏卵3月限に割安感 新甫底になった確率が高い
商品ミニ情報 中国の繭増産は確実/小豆は底入れに時間
四季 チャート・ラインを引く方法 『母体主義』が正しいトレンド
フレーム効果に惑わされるな
株作戦 買い手はヘッジファンドだけ?

週刊商品データ  2006/10/02号 (1354号)
特集
《金》 引き続き原油価格の動向を注視
焦らずにまずは下値見極め “冬高”シナリオに変わりないが…
為替 PBA証券 顧問 石川雅弘氏  G7と為替相場を考える
海外貴金属 インフレ懸念の後退が圧迫 価格は広範なレンジを予想
白系金属 下値を固めて反騰へ向かうか 内外部要因とも強気転換の可能性あり
ゴム テクニカル主導で波乱 経済の原則が働かない!?
粗糖 ブラジルの政策が今後のポイントに エタノール混合率引き上げか!?
石油 OPECの協調減産巡る話題が材料に 灯油は在庫圧迫が薄れ底固めも
アルミ 上下に歯止めがかかった状態が続く!? 米国景気に対し見方分かれる
コーヒー ブラジルは開花期へ 降雨があっても気を抜けない
穀物 トウモロコシは需要増を背景に上昇 2003年から2004年前半の相場と類似
野菜 冬野菜中心の定期市場 暖冬予報通りなら価格は低迷か
小豆 “もうはまだなり”を地で行く 長い目で買い場を探したい
生糸 中国産生糸の値上げは必至 国内は需要期入りで期待感高まる
畜産 Mサイズが200円台に乗せ更に上昇へ 鶏卵3月限新甫の値位置は
商品ミニ情報 中国小豆はたったの500円!?/ホクレンの出方がカギ/原油価格の見方分かれる
株作戦 兜町に存在するアノマリー?

週刊商品データ  2006/09/25号 (1353号)
特集
《トウモロコシ》ユニパックグレイン(株)・茅野信行氏に聞く
年明けに2.80$超え目指す 高値で作付増加を催促する
変化を深読み 下げ止まりそうで下げ止まらない タイのクーデターと南部テロを警戒
先高見通しに対しても反応が鈍い 市場ムードは弱気へ傾斜
白系金属 内部要因の悪化で目先は戻り売り 米国経済指標を反映して地合軟弱
ゴム タイのクーデターで市場困惑 IRCoが東京暴落に頭を悩ます
粗糖 ロンドン白糖はカーギルが全量受けたが NY10月限納会がポイント
海外砂糖 アジア諸国の増産の影響を受ける 生産コストより安い水準まで下落
石油 WTIの下降トレンドが続く!! 製品市況は基調の弱さを露呈
コーヒー 根底に需給の下支え 天候相場本番も控えている!!
穀物 シカゴ穀物相場は完璧な大底打ち 今後、需要サイド重視の市場へ
野菜 台風14号の動向に注意 関東直撃なら価格上昇の公算
小豆 目先は当限納会と輸入割当がポイント 作柄良好で新穀から下げる
生糸 秋冬物需要への期待が高まる 中国生糸の輸出価格は再び値上げ
畜産 農水省は自給率向上目指す 鶏卵Mサイズ200円が視野
商品ミニ情報 天然ガスは1ヵ月強で46%暴落
病害虫被害で減産!?■ベトナムのコーヒー生産量
四季 “危ない(やばい)”と感じた時が転機
下落が始まる時を予測する方法 流れの変化は理外の理で知るべし
株作戦 配当落ち後に警戒を!!

週刊商品データ  2006/09/18号 (1352号)
特集
《ゴム》バンコクで20、21日に生産国が会議
市況対策めぐり上下波乱  期先の変動範囲は210〜250円!?
為替 マーケットアナリスト 中原 駿氏  日経平均のサイクル分析
秋冬のシナリオを修正し直す  下値模索で短期的に一段安も有り得る
白系金属 世界白金需給タイト化が潜在的な下支え  目先は下値を試す展開に!!
アルミ 来年の世界需給は供給過剰との予想  長期的に価格水準切り下げへ!?
粗糖 自律反騰が始まった!!  当面の目安は3分の1戻しへ
石油 NY原油の60ドル大台割れは必至の情勢  灯油は今世紀最大の国内在庫が圧迫
コーヒー 自ずと下値は限定的に!?  原油暴落ショックに押されたが…
穀物 もうすぐ豊作消化して出直り相場  目先は原油や金の下落が足引っ張る
野菜 秋雨前線と台風に注意  キッカケを掴んで割安修正
小豆 X字型上昇があとから来る  十勝は着レール2万5千円
生糸 国内絹業は売れ行き低迷で苦戦が続く  中国産生糸の値下げは小幅
畜産 鶏卵2月限の買い  まだ需給は緩和しない!!
商品ミニ情報 世界経済は高成長■IMF見通し  今回は高納会に■東京コーヒー2006年9月限納会
株作戦 ここは利食を優先せよ!!

週刊商品データ  2006/09/11号 (1351号)
特集
<株式>株式アドバイザー・北浜流一郎氏に聞く
“コア銘柄”中心の上昇続く 米国利上げ打ち止めは安心材料に
変化を深読み 鉱山株下落でメタル相場に波紋!! HUI指数が頭重く金に上値警戒感
秋から冬に向け先高観強まる 警戒感を消化しセンチメントに変化
白系金属 強気筋がテクニカルで買い進む!! 世界白金需給のタイト化も支援要因
粗糖 小雨模様から曇り空へ変化か NY期近のサヤ縮小継続なら反転
ゴム 極端な弱気に傾く “初戻りは売るべし”の格言
石油 ガソリン、灯油は戻り売り基調が続く NY原油も下値を模索する展開
コーヒー 根本的な基調は底固い 下値を切り上げている点を評価
穀物 米農務省の生産予想にどう反応 揉合ながら下値を固めて上昇
シカゴ穀物
コーン 長期的に強気も目先は生産予想に注目
大豆はコーンに追随
野菜 定期は現物に比べ割安 石油高騰分を転嫁する必要
小豆 しばらくサヤ滑り!? 期先の1万円以下割安相場
生糸 9月は安納会を回避する公算が大きい 信用不安で先安懸念強い
畜産 鶏卵Mサイズが180円に上昇し強含み 1月限売り・2月限買い
商品ミニ情報 3ヵ月後にエルニーニョ!?/金属価格は下落へ
四季 上手な“損切り”が出来たら成功!!
トレンドに乗れば利益は約束される “底買い・天井売り”は夢のまた夢
株作戦 オイルマネーが狙う銘柄は?

週刊商品データ  2006/09/04号 (1350号)
特集
<白金>ファンド主導で底固い基調続く
長期的な上昇トレンドへ 東京市場の内部要因は強気!!
為替 PBA証券 顧問 石川雅弘氏  市場は不気味な静けさ
最終的には上昇基調を鮮明にする 原油や国際商品全般の動きを注視
海外貴金属 徐々に強材料が顕在化する NY期近は600ドルがサポート
アルミ 需給に見合った水準を模索 目先は戻りも限定的!?
ゴム “一進二退”の下げ相場 順ザヤ幅が拡大する恐れ
石油 原油が70ドル攻防戦から後退 ガソリンは在庫の積上げ増加で下落へ
コーヒー 次年度需給と天候がポイント 気を抜けない状況に!!
穀物 予定よりも早めに安値出尽し!? 豊作織込みながら需要に目が向く
粗糖
依然として小雨模様が続く展開 世界の砂糖需給は460万トン余剰
野菜 8月の好天で野菜の生育進み下落 出荷前倒しの反動が出る!?
小豆 農家の小豆離れが始まった 長期的に弱気する景色見えず
畜産 7月の採卵ヒナ5%減 鶏肉用は予想通りに増加
商品ミニ情報 生糸は9月限も安納会か!?/北海小豆の総供給150万俵強/大豆に10億レアル融資/
株作戦 当面は先物主導の展開に!!


週刊商品データ  2006/08/28号 (1349号)
特集
《穀物》アンドレィ・ファーイースト(株)・大本尚之氏に聞く
9月予想前後に底入れか!? 供給面の材料織り込む局面
変化を深読み タイヤメーカーのコスト上昇を天然ゴム価格の崩落が緩和している
弱気するような状況にはない 需要増加や金ETFの買いが後押し
白系金属 下値を固めて反騰へ!? 需給タイト化を反映
ゴム 戻り一巡後は再度の安値 230円台を目標にする弱気筋
石油 NY原油は上下波乱もあろうが… 石油製品が微妙な局面を迎えた!?
コーヒー 引き続きロンドン主導に ロブスタ供給がひっ迫感を増した
穀物 市場の目は生産サイドから需要サイドへ “安値出尽し”は9月半ば
粗糖
NY順ザヤ拡大が続く 底入れは9月11日以降の模様
海外砂糖 ブラジルでは在庫が積み上がる アジアの増産は来年の市況に影響
小豆 1万円以下は割安水準 作柄回復で市場人気弱まった!?
生糸 中国の値下げ不可避 往来相場を継続する公算大
商品ミニ情報 ゴムは受け手難で急落納会  第2四半期も供給不足!?■世界の金需給
四季 まだまだ株価に上値余地あり
“弱気相場が稼ぎ時”の名言 悲観こそチャンスと知るべし
株作戦 オイルマネーが本格上陸!!

週刊商品データ  2006/08/14号 (1348号)
特集
《穀物》日本向けの海上運賃が10ドル上昇
需要増大で下値切り上げ型 作柄良好織り込んだあと買い人気
為替 マーケットアナリスト 中原 駿氏 ドル円相場の長期予測
ショートに対し警戒感 原油価格と比べて出遅れ感も
白系金属 NY市場は上昇トレンド維持へ 東京も基調の強さを継続する!!
石油 NY原油は上下波乱の様相を呈す ガソリンが力強い上昇トレンド!
ゴム 目先は揉合相場を想定 盆休で閑散商状が続く見通し
小豆 普通小豆の作付は2万ha割れ 次期輸入割当で市場環境変化
コーヒー 東京は日足の窓埋め兼ねて調整も 上昇に向けて足場を固める
アルミニウム 内外で膠着状態が続く!? 支援要因だけでなく懸念要因も…
野菜 天候不順続き生育遅れ挽回出来ず 調査価格は200円維持
粗糖 ダブルボトム形成に失敗して底抜けへ 原油高という“恋人”を失う
生糸 中国の春繭が増産する可能性 当面は実勢悪を映し頭重さが続く
畜産 鶏肉需給は改善へ 鶏卵1月限新甫天井の様相
商品ミニ情報 帯広では7日間30度突破/エルニーニョ発生の可能性は!?
株作戦 常に下ブレのリスクが存在!!

週刊商品データ  2006/08/07号 (1347号)
特集
<株式>株式評論家・木村佳子氏に聞く
当面は一進一退が続く? 明るい社風で銘柄を選ぶ!
変化を深読み シカゴコーンは8月末に高値か 東京期先2万円突破が目標に
上昇に転じてから日柄が浅い相場 長期的な先高見通しに変わりない
白系金属 需給タイトで堅調推移 高値更新へ挑戦する場面
石油 中東情勢の緊迫化で急騰ヘ!? 製品市況は上場来の高値更新が続く
ゴム タイ南部4県でテロが発生する 22円強上昇して上げ一服
小豆 押目形成して再度上昇 時間をかけ1万2,000円
コーヒー ブラジルで早速“干ばつ懸念”が浮上!?
反動安も想定されるが…
穀物 米国の作柄低下で需給見直し 市場は天候と需要に強い関心
<コンコルド産地視察報告>
イリノイ良好、アイオワは昨年並の見通し 2005年を超える豊作を期待
伊藤忠商事(株)食料カンパニー食糧部門市場調査室室長 岩崎 正典氏
シカゴ穀物 大豆 開花期に熱波続けば高騰の余地
コーンは長期強気!!
粗糖 ダブルボトムか底抜けか 14セント台は輸入国の買い出るが…
生糸 中国繭は全体で増産 アジアのシルク需給タイト
四季 もう一度、新興市場を見直せ
株のケイ線は買いシグナル!! 原油高はマイナス要因ではない
商品ミニ情報 採卵用ヒナ4%減/野菜の出荷回復で弱含む公算/エタノール供給増加へ
株作戦 底値は確認したものの…

週刊商品データ  2006/07/24号 (1346号)
特集
<金>MSI代表・亀井幸一郎氏に聞く
環境変化で高値の模索へ
歴史的高値850ドルは通過点
金ETFに注目
為替 PBA証券 顧問 石川雅弘氏
世界の警察官と為替
内外で引き続き調整場面を継続 6月の安値を基点にして流れを捉える
白系金属 NYは史上最高値の再現 需要増加がサポート
海外貴金属 “有事の金買い”で再上昇!! 地政学的リスクが支援要因に
石油 乱高下の様相呈するNY原油だが… 灯油は安定した上昇パターンが続く
コーヒー 内外ともに底固さを評価 超大順ザヤで買う気削がれるが…
ゴム 逆ザヤ相場修正の動き 腹八分目で売り玉を利食う!?
穀物 トウモロコシは米国の豊作を消化中 中国が10万〜20万tを日本向け輸出!?
小豆 4ケタ相場から上値修正へ 7月15日現在では作況回復か
アルミ
強弱材料の綱引きでレンジ内の動きに 世界需給見通しに注目する
粗糖 しばらく“曇り空”続く 原油連動が薄れる傾向に
畜産 飼料価格は安定期へ 6月のヒナえ付け発表に注目
生糸 需要が減少し基調弱い 当面は下値模索を覚悟
野菜 大雨の影響を見守る!! 納会契機に流れが変わるか
商品ミニ情報 小豆に特別チーム!?
株作戦 外部環境は好転の兆しが見えるが…

週刊商品データ  2006/07/17号 (1345号)
特集
<東穀協会・東京穀物市況調査会講演会>
エネルギー分野で競合する穀物と砂糖!
パラダイムシフトが進行中 米国トウモロコシ在庫は急速に減少
変化を深読み 商品全般は8月に下値を固める 米国市場に大型投資資金が残存
目先は反動安もあろうが弱気禁物 燻る地政学的リスクも支援要因に
白系金属 触媒需要の増加が牽引役に ファンド買いで続騰する
ゴム 来週25日の納会がカギ 想定されるシナリオは三つ
石油 NY原油の史上最高値更新続く ガソリンは夏高コースを進む
コーヒー 採算に見合った水準へ 独自の懸念要因あるが…
穀物 史上空前の豊作で需給がバランス 需要増大を背景にゆっくり上昇
海外砂糖
NY10月限に大量の渡し圧力が… 世界需給は600万トンの供給過剰
粗糖 これからビートテストに一喜一憂する EUの減産が大幅に後退!!
畜産 飼料生産は夏場に減少 鶏卵9〜10月限が狙い目
生糸 絹織物産地の不振まだ続く 弱材料を織り込む調整期
野菜 ポジティブリストが輸入を抑える 台風の動向に注意する!!
商品ミニ情報 小豆の作況は更に悪化か
四季 影響力ある人は慎重な発言を!
評論は枠にはまった行儀の良い形
情報格差が個人投資家を不利に
株作戦 徹底した逆張り作戦が有効!!


週刊商品データ  2006/07/10号 (1344号)
特集
《金》年後半は金にとって高値挑戦の時!?
長期上昇トレンドを継続
金ETFの保有残高に注目する
株式 マーケットアナリスト 中原 駿氏
日経平均、上半期を振り返って
白金 東京期先は四段上げのパターンか 自動車向け触媒需要増で供給不足
ゴム 三尊天井形成で人気弱い 納会接近すると品薄再認識
穀物 米穀倉地帯で“高温乾燥”の予報 12日に発表される需給推定がカギ
小豆 十勝の日照が極端に少ない 大手筋が久しぶりに買い参入
石油 NY原油は高値更新を続ける?! 灯油が実勢、人気の両面で強い
野菜 梅雨終盤の降水量がカギ!!
先限は現物に追随高なら売りたい
コーヒー 取組の伸び悩みは懸念要因だが… 内外ともに底固い展開へ
生糸 中国生糸の輸出価格に注目 実勢不振は織り込み済み
粗糖 NY10月限が17セント台へ上昇 基本的には原油連動型の展開続く
畜産 鶏肉1年前の70円下と超低水準で推移 鶏卵期先は強含みの展開
商品ミニ情報 全道で小豆の生育6日遅れ/中国は金を購入すべき
株作戦 順調な“戻り相場”を展開!!


週刊商品データ  2006/07/03号 (1343号)
特集
<原油・金>三井物産フューチャーズ・江守哲氏に聞く
原油の騰勢は当分続く!! 金が戻り売りの基調へ転換か
変化を深読み 穀物相場に変化の兆候が見えた シカゴ連動の展開で上下波乱か
“三尊天井”の可能性は残っている 内外ともに上昇力不足という印象
白系金属 東京白金は底値を確認して上昇へ 実需の強気で国際現物市況が堅調
野菜 梅雨終盤の天候がカギ!! 先限は鍋物商材の動向に注意
石油 NY原油は更に一段高の公算大 米石油ひっ迫で国内製品も追随して上昇
ゴム 逆ザヤのWパンチで荷を呼べず 7月前半も強気リード
小豆 作柄次第で反発力強める 各支庁から発表される生育に注目
コーヒー 海外が下値抵抗を強めてきた 需給要因から見て“売る水準ではない”
穀物 強材料に敏感な市場へ変化 トウモロコシが安値で輸出活発
シカゴ穀物 大豆 天候以外に上昇余地少ない
コーンは高単収期待
粗糖 06〜07年度世界需給は供給過剰だが ブラジルの天候が懸念材料
生糸 中国の春繭は増産へ!! 生糸品質が向上する公算大きい
四季 儲けるためのシステムを探る
『休むという戦略』を知るべし
日計り商いで成功する方法とは
商品ミニ情報 採卵用ヒナが6%減少/金ETF残高増加中
株作戦 買いのタネをまく局面

このページに掲載された記事・画像の無断転載及び無断リンクを禁止します。
すべての著作権は株式会社 商品データ及び情報提供者に帰属します。
株式会社 商品データ
東京都中央区日本橋蠣殻町1−18−1
E‐mail  info@shohin-data.co.jp