新着情報 更新予定

週刊商品データ  2007/12/10号 (1410号)
特集
《穀物》大豆価格は史上最高値に挑戦へ
小麦の高騰に追随する展開 来春まで作付面積争奪戦が続く!?
目先は万一の下値余地を想定 Xマスや年末控えて玉整理警戒も
白系金属 NYは一段と基調強める 強気勢力の攻勢で急騰も
石油 NY原油は上下波乱の様相を呈す 下値を固めて反発する機運が台頭
粗糖 決算終えたファンドが買い作戦 NY取組増加は好材料
ゴム 株価上昇で景気不安が後退する 先限の260円以下は割安水準
大豆 南米の天候リスク意識する展開 来年にかけて高温乾燥予想が台頭
小豆 豆類は価格革命の時代へ 小豆も底値切り上げ相場
アルミ 建築分野での需要減が鮮明に 頭重い展開を継続する
コーヒー 需給要因が下支えに!! ブラジルの次年度生産予測に注目
生糸 中国産生糸価格は上昇へ!! 供給不安が台頭する
商品ミニ情報 ラニーニャ現象で乾燥!?
株作戦 新興市場が大フィーバー!!

週刊商品データ  2007/12/3号 (1409号)
特集
<金>(株)アストマックス・江守哲氏に聞く
金はドル安で先高の見通し 大型資金流入が強いサポート要因
変化を深読み NY原油85ドル割れの可能性も 相場を圧迫する製品需要減退
基本方針は変わらず押目買い 原油急落に足を引っ張られたが…
白系金属 1,500ドル挑戦先延ばし 目先は調整局面が続く公算大
石油 OPEC総会の結果待ちで気迷い 調整安後に下値を固める展開見込む
粗糖 インドがサトウキビの作付を減らす動き NYは再び10セント攻防へ
ゴム しばらくは逆張り相場続く 再び下値探りの展開へ
大豆 原油・金安でも下げ渋る強さ 想像上回る中国の手当が下支え
小豆 11月限の納会内容は強気を支援 揉合ながら水準アップ
トウモロコシ 揉合相場だが安値を買う作戦 長期的には小麦・大豆高軸に上昇線
コーヒー 主要国際商品価格が急落したなかで急伸 基調の底固さを評価する!!
生糸 中国産生糸の輸出価格は上昇へ 繭減産で品質も低下している恐れ
商品ミニ情報 アルミは上値重い展開か
株作戦 テクニカル的には底値圏だが…

週刊商品データ  2007/11/26号 (1408号)
特集
《大豆》 膨張し続けるファンドマネー
中国の輸入増加は支援材料 南米が米国減産分を補えるか
需給の引き締まりが根底から支援  今年1〜9月は供給不足に転じる
白系金属 内外ともに上下波乱の様相を示す NYは強気が1,500ドル達成を予測
アルミ 長期需給緩和が上値を抑制 日米で住宅分野のアルミ需要減
石油 原油100ドル達成が先延ばしに 目先は調整安を演じる可能性高い
粗糖 ISOも米農務省も供給過剰に レンジ下限を試す展開
ゴム 市場は方向感を失う!? 原油高・ドル安に敏感なら買い
小豆 新穀がどれほど渡るかが焦点 納会如何で12月限以降に変化
トウモロコシ 東京市場は下値余地を残す 円高と海上運賃安の安値が買い場
コーヒー 需給タイト化が下支え 長期的な視点で在庫率を見る
商品ミニ情報 トウモロコシ高騰の要因
株作戦 トンネルには入ったものの…!

週刊商品データ  2007/11/19号 (1407号)
特集
《東工取先物市場振興協会・ゴム産地研修視察》
天候の影響から減産見通し タイでRSSとSTR輸出割合逆転
変化を深読み NY原油85ドル割れから再反騰 国内の製品需給は明暗分ける
待望の買い場形成場面へ移行する 棒上げした反動でまだ下値余地あり
白系金属 上下波乱から離脱し上昇へ向かう JM社の強気見通しを反映する

ジョンソン・マッセイ社『プラチナ2007中間調査報告』
世界のプラチナ需給は供給不足に 向こう6ヵ月間は1,350〜1,575ドル
石油 NY原油は調整局面で上下波乱も ガソリンが下値固め反転する態勢
粗糖 NYレンジ相場が続く 10セント回復なら地合好転へ
ゴム 上昇リードしたファンド筋の出方注目 不透明感が強まって暴落
小豆 今年度の小豆需給は改善する見通し 下値を固めたあと上昇へ
大豆 強材料が台頭し史上最高値を意識 中国の輸入動向がカギ握る
トウモロコシ 理想的な修正安へと突入する 8月のサブプライムローン・ショック再現
コーヒー 東京は円高で独歩安に コーヒー独自の材料変わらず
生糸 インドはルピー高で絹輸出不振 中国の繭が大幅減産となる可能性
商品ミニ情報 植物学的には技術革新進むが… ■天然ゴムの生産
株作戦 株式投資は不安を買うゲーム

週刊商品データ  2007/11/12号 (1406号)
特集
《ゴム》強気ファンド筋の買い玉が90%弱
当面は先限で324円目標 第2次石油ショック相場を再現
NY金の上昇基調崩れず 目先騰勢一服の場面も
白系金属 大型の上昇波動を継続する可能性 下値を固めて再び騰勢が盛り上がる
石油 世界石油需給タイト化が買い材料 大型資金の流入で騰勢は衰えない
粗糖 10セント台を固める動き ファンド買いで取組が増加
小豆 上値妙味が限定される新穀 安値を出してから高値に挑戦
大豆 大豆油の動向に注目!! 需要面が見直される展開を予想
トウモロコシ 当面は修正安の可能性 シカゴトウモロコシはWトップ
コーヒー 東京は売方ファンドの動き注目 サヤ縮小場面は買い
商品ミニ情報 インドは金販売好調
株作戦 サブプライム&政局の混迷!

週刊商品データ  2007/11/5号 (1405号)
特集
出遅れ割安の国際砂糖価格と今後の動向
東穀協会・東京穀物市況調査会パネルディスカッション
 
価格下がればエタノール生産が増加
当面9〜11セントの動き 機関投資家は砂糖比率高めるか

日米の経済動向と為替 《東穀協会・東京穀物市況調査会講演会》   
サブプライムショックでも米株式下げ渋り
グローバル化の恩恵 バブル崩壊がバブルを産む
変化を深読み NY金は750ドル割れも? 調整安の可能性が見えている
過去最高値も射程圏内に入る 万一を考えて利食意識
白系金属 NY期近の史上最高値更新が続く!! ドル安による他商品高も追い風に
ゴム 高値警戒のなかで上昇相場続く 300円は単なる通過点に過ぎない!?
石油 NY原油は100ドル大台へ挑戦か!! ガソリン相場のスケールが拡大している
粗糖 上値が重く10セント割れ 再び下値を固める展開に!!
大豆 原油と金の動きに左右 チャートは上値抵抗が強い線形
トウモロコシ 国際商品全般に市場心理が不安定 トウモロコシは3万1,000円割れも
コーヒー 需給要因やドル安が支援 ファンド動向気懸りでも…
商品ミニ情報 原油の過去最高値は!?
株作戦 忍び寄るインフレの足音!

週刊商品データ  2007/10/29号 (1404号)
特集
《穀物》 輸入コスト上昇が強気を支援
止まらない海上運賃高騰 原油高とドル安が追風になる
内外で待望の調整局面を迎える 11月はファンドが利食に動く!?
白系金属 供給不安が台頭して上値追い続く 目先は急騰の反動で調整安場面も
ゴム 強気ファンド筋ペース 相対力指数はすでに過熱化示す
石油 ニューヨーク原油が史上最高値!! 米国内在庫減と中東緊迫化を映す
粗糖 NYはファンド買いで取組増 上値を試す展開が続く
大豆 12月限の動きに注目する シカゴは目先揉合を予想
小豆 期先は値幅が限定される 現状で9、000円突破難しい
生糸 中国産生糸の価格が下落 国内は産地不振まだ続く
コーヒー 降雨織り込み下げ渋る 天候に対して警戒を解けない
商品ミニ情報 中国、米国からの大豆輸入抑制
株作戦 先物を使った売り仕掛け

週刊商品データ  2007/10/22号 (1403号)
特集
海上運賃の動向
世界でパナマックス級が不足して急上昇中
中国がキーワードに コンテナ船も運賃を左右する

小麦価格高騰でどう変化する米国の穀物供給体系
豊作織り込みコーンの下げ余地小さい
大豆は10ドル超え目指す エタノール需要が伸び悩む背景

史上空前の原油価格と国際商品市況

国際商品市況は長期上昇トレンドの途上
新しい均衡点を模索 難問抱え脆弱な穀物供給環境

コーヒー市況を左右する需給と天候のポイント
ブラジルの余剰在庫はほぼゼロの状態に!!
今後も天候から目を離せない 雨不足で下方修正した生産量見通し
変化を深読み 高騰する貴金属に微妙な変化 目先は上値達成感が台頭か
上値追いは避け“利食千人力”で 宝飾品需要の増加に高値慣れが必要
白系金属 供給ひっ迫懸念で騰勢は衰えない 東京市場も開所来の高値を更新中
ゴム 300円を抜けば上げ足に加速つく 国際商品の全面高あと押し
石油 NY原油がついに90ドルを突破 ドル安とイラク情勢の緊張で上昇
粗糖 ようやく上値追いの動き ファンドが出遅れ商品を狙う展開
大豆 海上運賃高騰で期近が波乱含み 目先は上げ過ぎ修正の展開予想
トウモロコシ 来年度の需給は再びひっ迫する トウモロコシに投機資金集中
小豆 三段上げか揉合相場か 8,000円そこそこは買いに歩
コーヒー 降雨予報で急落したが調整安の範囲内 まだまだ根強い天候リスク
商品ミニ情報 原油は100ドル乗せの可能性
株作戦 時には“待ち伏せ”も有効!

週刊商品データ  2007/10/15号 (1402号)
特集
《金》 利食を交えながら押目買いで対処を
NYは800ドル大台突破へ ケイ線に見る今後のシナリオ
白系金属 NYが史上最高値を更新 東京市場は人気沸騰で高値波乱!!
ゴム 修正安後に280円台 三段上げのコースを想定
石油 世界石油需要の増加予測で上昇 東京ガソリンは7万円大台を目指す
粗糖 ファンド筋の買いが下支え ロシアは要輸入量を確保
大豆 作付減少で供給不安!! 海上運賃の高騰と円安が支え
トウモロコシ 小麦、大豆が上げを主導する!! トウモロコシは作付減少で反騰へ
生糸 アジアでシルク消費が回復へ 産地の需給はタイト化
小豆 中国小豆成約に波乱の目 渡物が少ない当限事情!?
コーヒー 天候から目を離せない 世界需給への影響も意識する
商品ミニ情報 金ETFの買いが活発
株作戦 米国はサブプライム問題を克服?

週刊商品データ  2007/10/8号 (1401号)
特集
《コーヒー》ワタル・小澤志朗氏に聞く
130¢を中心に上下15¢ ブラジルの天候次第で上値余地
変化を深読み 青島国際ゴム交易所が取引開始 価格の形成に大きな影響力を発揮
為替の調整が買い場を形成する!! 東京は22年半ぶり高値で達成感強い
白系金属 中国の需要増が牽引し強調 まだ下値不安は台頭せず買方優勢
ゴム 修正安あれば買い直すスタンス続行する 270円台で一度買い玉利食
石油 NY原油は調整安後に大幅反発へ 国内現物の需給タイトが強材料
粗糖 10セントを軸とした展開 ファンド筋の動きが焦点に
大豆 強基調は変わらず一段高を目指す シカゴ急落も調整安の域にとどまる
トウモロコシ 修正安後に再び上昇コース 天井特有のオーバーヒート現象ない
生糸 インド向け輸出が好調 中国産生糸は前年比10%増産
小豆 当面は期先で9,000円を目標 納会接近すると上げ足強める!?
コーヒー 天候リスクが下支え ブラジルの乾燥予報に敏感
商品ミニ情報 コーヒーの底固さを再確認!? 金700ドルに下落か
株作戦 福田政権が市場に安心感を!

週刊商品データ  2007/10/1号 (1400号)
特集
《トウモロコシ》 長期的には5〜6ドル相場
割安・出遅れで買い妙味 食糧危機を暗示する小麦高騰!?
為替 アヴァロン湘南証券 法人営業部ディレクター 石川雅弘氏
市場の値動きを重視する
買い疲れ感強くまずは調整が必要  “ドル離れ”は金の長期支援要因に
海外貴金属 金を安定資産として再認識 今後も上昇相場が継続する
白系金属 世界需給はひっ迫懸念 強気勢力がリードし上値追いへ
アルミ 需給の緩和が相場を圧迫 悩ましい米住宅問題と原油高
ゴム 長期的な強気スタンスに変化なし 今週は高値追い避けて安値待つ
石油 原油は足場を固め90ドル挑戦 内部要因が示す強気勢力リードの展開
粗糖 供給余剰は解消出来ない!! 秋高不発の可能性が出てきた
海外砂糖 白糖プレミアムが大幅に下げる 中東で精糖工場の建設ラッシュ
大豆 中国と南米の動きに注目する 12月限急落でも基調は変わらず
小豆 大幅な需給改善期待出来ず 基調は戻り売り人気に変化なし
コーヒー 短期的には若干の下値余地を想定 引き続き天候から目離せず!!
商品ミニ情報 金は来年823ドルへ上昇
株作戦 外国人の動きに一喜一憂!

週刊商品データ  2007/9/24号 (1399号)
特集
《インタビュー/株式》 経済評論家・杉村富生氏に聞く
住宅バブル崩壊対策
真因除去不可欠に 株高でカバー!!
変化を深読み 金価格は押せば押す程強くなる 鉱山会社ヘッジ外しが支援要因
東京が2,700円大台乗せを達成!! 目先は調整安想定して買い玉利食
白系金属 金と原油の上昇に追随する! 世界需給タイト化が長期支援要因
ゴム 市場の背景が大きく変わる “二進一退”で着実に上値切り上げ
石油 NY原油は7日連続史上最高値更新 ファンダメンタルズの堅調あと押し
粗糖 割安感からファンド筋が買い始めた NYレンジ上抜けの展開に
大豆 長期強気方針は不変!! 投機資金が本格参入する公算
トウモロコシ 修正安があれば買い下がる 期近の反発力強く逆ザヤ拡大
小豆 当限に比べて先限が安過ぎる!? 先限の高値は9,000円に照準
コーヒー 短期的には反動安を想定 東京も昨年の高値奪回へ!?
生糸 中国の繭・生糸は増産へ 東京期先が浮上する可能性
商品ミニ情報 頭が痛い海上運賃の高騰
株作戦 波乱はチャンス!というが…

週刊商品データ  2007/9/17号 (1398号)
特集
《大豆》34年ぶり高値が見えてきた
新穀の需給ひっ迫を意識する 東京は期近12月限に注目
株式 マーケットアナリスト 中原 駿氏
今月25日までに押し目買い 来年に向けての買い場
700ドル大台は目標の一つに過ぎず 短期的に調整安もあろうが…
白系金属 史上最高値の更新へ向かう!! ファンダメンタルズを反映し上昇
ゴム 海外で原油や金に投機資金の流入顕著 調整してから再び反発する
石油 未踏の領域進み90ドル視野に入る ファンド買いでガソリン大幅な上昇
粗糖 NY期近は玉整理本格化 乗り換えで9セント台割れも
トウモロコシ 修正安のシグナルで買い玉利食 長期的に強気変わらず安値を拾う
小豆 天候順調で豊作を暗示する 受け渡し可能量は220枚!?
コーヒー NYは基調引き締まる 需給ひっ迫長期化の可能性!?
生糸 国際生糸価格に先高見通し インドの絹織物輸出は好調続く
商品ミニ情報 シカゴ大豆11ドル台に上昇へ
株作戦 金融危機は第2、第3幕がある!

週刊商品データ  2007/9/10号 (1397号)
特集
<投資>金融評論家・本間裕氏に聞く
インフレで金は大幅に上昇 資金の流れ変える信用不安
変化を深読み NY原油更に上昇の可能性高い 国内石油製品は踏み一巡で軟弱
4度目の正直で700ドル大台達成 需要最盛期入りが支援する
白系金属 下値を確認し上昇基調へ移行 金融不安薄れ需給材料に視点移る
ゴム 強気方針を続行する 先限は7月末の267円狙う
石油 原油は史上最高値の更新へ向かう ファンドが買い進み上げ足に弾み!!
粗糖 6月相場の再現なるか NY期近順ザヤが次第に拡大
大豆 シカゴ期近10ドル乗せが視野に入る 小麦との割安意識した展開
トウモロコシ 長期的な上昇相場は変わらず 来年のトウモロコシ作付面積減少へ
小豆 期先の7,710円は底値!? 旧穀に比べて新穀が割安な水準
コーヒー じっくり下値を固める ブラジルの需給動向に注目!!
生糸 中国国内の需要が増加 日本は最悪期脱し明るさ期待
商品ミニ情報 小麦9ドル目指す
株作戦 アメリカは“自己責任”の国!!

週刊商品データ  2007/9/3号 (1396号)
特集
《金》 長期上昇を見据えて焦らず押目買い
需給の引き締まりが支援 安全資産として再認識される
為替 アヴァロン湘南証券 法人営業部ディレクター 石川雅弘氏
外貨投資の虚像と実像
海外貴金属 換金売り後に買い直される 強気見通しは変わりない!!
白系金属 中国経済の成長が支え 下値不安薄れ基調引き締まる
ゴム 9月は8月の逆転相場 売られ過ぎた反動が表面化へ
石油 原油が上昇基調を強める公算大!! 日本国内のガソリン需給動向は改善
粗糖 インドの生産がブラジル抜く 9月相場は曇り一時雨
大豆 9月入りで南米の動向に注目!! 国内のサヤ関係は波乱を示唆
トウモロコシ 海上運賃と円安があと押し 豊作で安いからこそ買いチャンス
小豆 底値確認の市場人気に変化!? 北海小豆収穫量は90万俵前後
コーヒー 東京の取組高減少を懸念 秋冬高を前にクリアすべきカベ
生糸 円高が強材料となる可能性あり 秋からの需要回復に期待
商品ミニ情報 北海道の小豆作付面積2万3,800ha
株作戦 3分の1戻しは達成したが…

週刊商品データ  2007/8/27号 (1395号)
特集
<株式>経済評論家・植木靖男氏に聞く
原油高で日本株の人気出る NYダウが世界経済の指標
変化を深読み 恐怖心理指数とオプション市場投資家行動に見る株価・金価格
焦らずに底入れを確認したい NYの底固さや需要堅調は下支えに
白系金属 信用収縮の不安心理薄れる 東京市場は出来高急増で出直り暗示
ゴム テクニカル主導から需給相場へ戻る 突込み過ぎの修正高に移行
石油 NY原油を需要増加がサポート ガソリンは下げ過ぎで自律反発
粗糖 NYはレンジ相場の様相 ブラジルの生産下方修正
海外砂糖 供給過剰で軟調見通し変わらない 新規強材料が出るまでレンジ相場
大豆 需給見直しへ転じる!? 株価と為替気になるが
トウモロコシ 輸入コスト上昇で逆ザヤが拡大 小麦に比べて半値は超割安!!
小豆 当面は修正高に移行する ホクレンの作況調査と納会がカギ
コーヒー 目先は上値重い展開に NYの底固さを評価する
生糸 中国産生糸の価格は上昇へ 国内は繭減産が続き需給タイト
鶏卵 10月限の逆ザヤは不自然 年末へ向けて現物の上昇続く
商品ミニ情報 小豆は上げ賛成人気
株作戦 “夏の嵐”は早晩、収束の方向!!

週刊商品データ  2007/8/13号 (1394号)
特集
《トウモロコシ》 東京当限納会は大波乱か
米穀倉地帯の一部で高温 内外ともに豊作ムードが後退
為替 マーケットアナリスト中原 駿氏 長く厳しい円高局面に入る
短期的には調整安場面へ移行する 原油暴落に対し鈍感だった点を評価
白系金属 他商品安と米国経済の不透明を売られる 様変わり的な暴落劇続く
アルミ “逆ザヤに売りなし”に変化 長期需給緩和見通しが上値を抑制
ゴム 8月後半戦は再度上昇へ インドでの熱病蔓延で減産
石油 NY原油は底固い動き示す ガソリンが需要期背景に反発する公算大
粗糖 あえなく10セント割れ NY期近の売り圧力が強い
大豆 シカゴは新高値に挑戦!! 生産予想後の天候がカギを握る
小豆 押目買いも噴値売りも正解!? 多少の減収なら増反でカバー
コーヒー 秋冬高前の調整安場面へ!? NYに続き東京の人気回復を期待
生糸 インドの輸入動向が価格水準を決める 需給が改善して先高見通し
商品ミニ情報 トウモロコシに大異変!?
株作戦 グローバル企業に狙いを!!

週刊商品データ  2007/8/6号 (1393号)
特集
《コンコルド米国産地視察報告》
高単収地域あるが不安も エタノール需要は変化起こす
変化を深読み 取組面から見るNY金価格の行方 玉整理後に反発するパターンが続く
金ETFの買いなどで海外は底固いが… 東京市場に円高警戒が残る
白系金属 触媒新技術ショック織り込む 需給タイト見直しで反騰へ向かう
ゴム 大雨で産地供給ひっ迫 ファンド筋の売り玉狙われる
石油 NY原油期近は80ドル台突破へ 供給不安の要因増え上昇を加速
粗糖 10セント台固めの展開 供給過剰と原油高騰の綱引き
大豆 天候相場が佳境に入る!! 作柄悪化し油断出来ない
トウモロコシ 安値を確認して再度の上昇相場へ!! シカゴ高、海上運賃高、円安が支援
小豆 供給過剰のツケが続く!? 開花期を無事通過すれば圧迫
コーヒー 線型は保合から上放れへ!? 米国株価の急落ショックも軽微に
商品ミニ情報 原油高と住宅リスクの影響
株作戦 株式市場は比較的冷静

週刊商品データ  2007/7/23号 (1392号)
特集
《株式》経済評論家・杉村富生氏に聞く
世界経済は猛烈に拡大!! 年末にかけ2万円大台目指す
金融 アヴァロン湘南証券 法人営業部ディレクター 石川雅弘氏
中央銀行の見えない悩み
秋冬高相場に向けエネルギー蓄積 季節習性から見て夏場は緩慢な動き
海外貴金属 安定資産に対し信頼感増す メタル業界のM&Aに注目
白系金属 開所来高値を更新中!! 自動車用触媒の需要が増加
ゴム 国際商品全面高が支援 インフレムード加わり買い人気
石油 NY原油期近95ドル予想も登場 取組急増が示す買い人気の沸騰
粗糖 10セント攻防から一段高の様相 ブラジルは生産下方修正へ
大豆 シカゴが9ドル復活を目指す 東京市場の内部要因は高値警戒だが…
トウモロコシ 予想外の下げが逆に買い場提供 毎週低下するトウモロコシの作況
小豆 7月限と8月限で大きな明暗 ファンドの動きから目離せず
生糸 インドの輸入増が下支えに 今年はアジア生糸生産が減少する
コーヒー 年後半が上昇本番に!! NY12月限は天候相場限月
商品ミニ情報 砂糖は買いの好機/引き続き小豆の作柄は良好
株作戦 強い銘柄を徹底して攻めよ!

週刊商品データ  2007/7/16号 (1391号)
特集
《東穀協会・東京穀物市況調査会共催》

<国際商品市況の行方>
 
世界経済の牽引役が新興国へ移り需要拡大
安い資源時代は終焉 穀物市場で“3つの争奪戦”!!

<パネルディスカッション>
穀物相場の行方を探る

大幅減反で大豆の新穀は需給逼迫!!
コーン3ドルが安値のメド 今後も米中西部の天候を見守る

コーヒー ロブスタの需要増加が台風の目に!
粗 糖  ブラジルで何かあれば15セント
変化深読み NY原油12月限の上昇基調鮮明 大型資金がアジア市場を狙っている
上値重い一方で下値の固さも!? 短期的にはマーケット全般が神経質
白系金属 ファンドが主導して夏高コース 需要の堅調が強力な支援材料に
ゴム 原油高が強い刺激になるか!? 250円台固めれば出直り
石油 人気が沸騰し高値更新へ NY原油の取組は過去最高を記録
粗糖 10セント挑戦の動きか 市場環境が緩やかに好転!!
海外砂糖  弱気のファンダメンタルズは不変 10〜12月にプレッシャー本格化
大豆 シカゴ10ドルに手が届く 東京期先も6万円が視野
トウモロコシ 今週もシカゴ、東京で修正高が続く 下旬に向けて大きなヤマ場を迎える
小豆 需給悪に変化なく高値に限界がある 当面は売りあきで戻り相場
コーヒー 底固さも見せ始めた!? 為替や商品全般の動きも注目
商品ミニ情報 中国は春繭価格引き下げ/中国製油大手2社が値上げ要請
株作戦 資源・エネルギーがメインテーマ!!

週刊商品データ  2007/7/9号 (1390号)
特集
《大豆》 歴史的減反で需給ひっ迫鮮明に
シカゴは10ドル乗せ挑戦 南米に作付増を催促する展開
為替 マーケットアナリスト 中原 駿氏  ドル円のサイクル分析
市場のマイナスムード消化が先決 値頃感や出遅れ感は下支え要因に
白系金属 NY期近は揉合から上放れ 人気の強さで予想外の大幅上昇も
ゴム “閑散に売りなし”の相場 内部要因が大きく変化する
石油 NY原油は盛夏に暴騰の可能性高い 東京灯油期先が7万円大台を突破!!
粗糖 9セント台固める展開 エタノール向けキビ配分増加
トウモロコシ 作付面積急増で戻り売りに転換 目先は反発したあと再び下値探り
小豆 思惑人気で崩れているが 現在の相場は“陰の極”か!?
コーヒー 降霜リスク後退と新規材料難が気懸り エネルギーの蓄積に時間を要する
生糸 中国産生糸の市況回復続く 対日輸出価格も上昇する公算大
鶏卵 12月限が低水準で発会し一代陽線へ ヒナえ付けはほぼ前年並み
商品ミニ情報 6月のOPEC生産量
株作戦 選挙と株価との関係は?

週刊商品データ  2007/7/2号 (1389号)
特集
<為替>(株)フィスコ・山下政比呂氏に聞く
他通貨に対し円全面安続く 1ドル=127円が節目となる
変化を深読み 石油製品の現物価格上昇は確実 ファンドとディーラーが応酬し波乱!
短期的には不安定な心理を映す展開 長期上昇トレンドは変わらないが…
海外貴金属 米国債券市場が活況だが… 金は640〜690$のレンジに
白系金属 期先は開所来の高値更新へ向かう 生産面に不安要因が台頭している
ゴム 高値から約50円下げて警戒人気へ 弱人気の反動表面化も!?
石油 NY原油は70ドル台を奪回へ 国内の製品需給は改善している
粗糖 7月相場は上値挑戦へ 10セントを抜くと地合一変!!
大豆 8月の天候がカギ握る 大幅減反で需給改善に期待
トウモロコシ 今週の安値は買いチャンス!! 海上運賃が再び80ドル台に乗せる
小豆 下値探りの展開を予想 値頃買いは警戒が必要!!
コーヒー 下値余地は限定的に!? 急落の背景はテクニカル要因
鶏卵 年末需要期の12月限が発会 昨年は後半から大波乱という展開
商品ミニ情報 中国で金売買を解禁/2007〜08年度の世界大豆生産減少
株作戦 “水”がメインテーマに

このページに掲載された記事・画像の無断転載及び無断リンクを禁止します。
すべての著作権は株式会社 商品データ及び情報提供者に帰属します。
株式会社 商品データ
東京都中央区日本橋蠣殻町1−18−1
E‐mail  info@shohin-data.co.jp